「やっちまったなー」

っていう体験って
いつまでも忘れずに
覚えていませんか?

怒られたり
恥ずかしかったり
思わず涙が出てしまった経験って

けっこう、ずっと覚えてるんですよね。

 

私の場合は

「同じ失敗をしないため」+「気持ちを静めるため」
手帳に書いて
残しておきます。

 

昼間は会社員として働いているディレクターの
おかがみなつみです。

プライベートでも仕事でも
がっつり手帳を使っています!

 

怒られてヘコんだ時って
ずっとモヤモヤしますよねー

ああすればよかった。
こう動けばよかった。
っていつも思うんです。

でも、いつまでも引きずっていても
次の仕事はどんどんやってきます。

モヤっとした気持ちがあると
そればかりを考えてしまって
目の前のことに集中できません。

 

だから、ご紹介したい私の解決法!

すぐに時間がなくなって追われてしまう前に

気持ちの切り返しと、次につなげるために

フセンに書いて

気が済むまで手帳に貼っておきます。

 

たまにそのフセンのあるページを見て

その時のことを思い出して
くやしくなったり
怖くなったりはしますが、

「次にこんなことがあったらこうしよう」
というのを書いているので

最後まで読み返すと落ち着きます。

 

私が仕事で失敗した後にフセンに書く事は

①その失敗はなぜ起こったのか

②どうすればよかったのか

③考えられる他の状況はあるか

たったこれだけのことなのに
これを書くとすっごくスッキリして
「よし!次だ!」って思えるんです。

 

なぜスッキリするのか?

そう!気が付いた方もいると思いますが、

このフセンが
私が「やらかしてしまった!」と思った時の

私なりの
プチ・ロジカン(ロジカルカウンセリング)シート
になっているからなんです。

 

ロジカンとは↓

⑥【価格改定追記あり】ごきげん暮らし学の内容や価格など、ついに発表!

 

教えている側としては当たりまえですが
ロジカンを理解したので教えています。

けど、ロジカンは深~いんですよ。

何回やっても講師側も学びです。

ごきげん暮らし学で
みなさんにロジカンを教えていると

どんどん自分の頭にもインプットされて
さらにロジカン脳になっていきます。

気が付かないうちに
自分のストレス値を下げる方法を
身に付けることが出来るんです

 

なので

少しでも多くの方にロジカンの思考を身に付けて欲しい!

これが講師全員の想いとなっています。

 

「ごきげん暮らし学」で学べるロジカンの内容は

詳しく丁寧に掘り下げていきますし
その方法もしっかり教えてもらえます。

今、ロジカンを学べるのは
「ごきげん暮らし学」だけです。

講師に日程をリクエストもできるので
お気軽に問合せてみてくださいね!

 

ロジカンが身につくと、

悩みだけではなく
モヤモヤした気持ちも
ずっと考えてしまっていることも
次から次へと出てくる問題も

すべて自分で答えを見つけられるようになります。

難しいんじゃないの?なんて気負わず
楽になりたいって方は思い切って受講してくださいね!

 

気になる方は

旧マスター講座や、
ごきげん暮らし学を受講した方が
感想を書いてくれています。

まずはみんなのレビューを読んでみてくださいね♪

ごきげん暮らし学講座のレビューはこちら↓↓

⑨受講者さんのご感想

 

 

 

この記事のライター



おかがみ なつみ ディレクター(大分県在住・2児の母)

特技:三日坊主
趣味:出かけたついでの道の駅、直売所めぐり

Blog:あな吉手帳でもっと自分を好きになる
https://ameblo.jp/kokagenohibi/