「ゆみさんってすごく忙しいはずなのに、
どうしてA5サイズのマンスリーで足りるんですか?」

と受講者さんから聞かれることがあります。

 

“A5サイズのマンスリー”というのは
このタイプですね。

(A5サイズで片面1か月)

 

一方、“A4サイズの見開きタイプ”はこちら。

(A4サイズで1か月)

あな吉手帳ユーザーさんは
このA5サイズかA4サイズのどちらかを使っている方が多いと思います。

 

で、冒頭の質問に戻りますが…

確かに私、なかなか忙しい毎日ではありますが、
ここ数年ずーっとA5サイズのマンスリーを使っています。

A5サイズは、A4の見開き1カ月に比べて半分のサイズですから、
かなり小さく書かないと書ききれなーい!

 

・・・・と思いますよね?

でもそれは誤解です。

 

重要なのは、紙の大きさではなく、時間軸の広さなんです。

↑まず、ワーキングマザーの私の場合は、
早朝と、夜の時間軸は必要ありません。
なので、9:30から19:30まで。

「え、朝9時半からでいいの?遅くない?!」
って思いました?

 

はい、いいんです。
マンスリーは、
人と会う約束や勤務時間、ミーティング、授業参観など、
拘束時間が決まっている予定を書くページです。

 

私は早朝に人と会う約束は滅多にないし、
唯一【旗振り当番】は朝7時半からですが、
月に1回だけなので例外として一番左端に書いています。

 

夜も同じく!
子育て真っ最中の私は、夜に出かけることはあまりないので
19時30分までの時間軸があれば十分。
たまに飲み会や深夜のオンライン会議などはありますが、
やはり右端の欄外に書きます。

 

初心者のユーザーさんからはこのような質問を受けることがあります。

「私は朝5時起きなので、5時からの時間軸が欲しいんですけど…」

いくら5時起きでも、出勤は9時からだとしたら、
やはり時間軸は9時からあれば十分です。

 

つまり…、
私がA5サイズのマンスリーで足りる理由は

ひと目盛りの横幅を広くしているから!

 

早朝と夜の時間軸を捨てる代わりに、
30分や1時間の横幅を広くとっているんです

こうすることで、
文字を書けるスペースが広がるんですよ~~~!

 

いくら「A4サイズの見開きタイプのほうが縦幅が広くなる♪」といっても、
横幅(時間軸)が狭いと
30分以下の用事はかなり小さく書かねばなりません…

 

つまり、”A4サイズか、A5サイズか”よりも、

”時間軸の横幅を広くとれるかどうか”がポイントなんです。

 

(※私は1か月を俯瞰で見たいのでA5サイズが好きですが、
家族が多いなど、上段と下段に分けて書きたいという場合はA4サイズがおすすめです)

 

――ということで、

小さい字でチマチマ書くのがイヤ!

短い用事はスペースがなくて書けない!

という人は、
まず時間軸を見直すのがおすすめですよ♪

 

この記事のライター
———————————————————

須藤ゆみ(群馬在住)
トップディレクター/片づけフセン術講師

家の片付けのお悩みはお任せあれ!
収納術だけでなく、手帳を使って実行に移す方法もお伝えします★
整理収納アドバイザー1級。
著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】

ブログ『働くママのための夢育カルチャー教室
http://sudoyumi.com