公認手帳カフェとは?

「みんなの使っているあな吉手帳、見てみたい」

「使っている人の話を聞いてみたい」

「講座には行ったことないけど、詳しい情報が知りたい」

という方が参加する、手帳ユーザーの交流会。

ここでは講座は開かれないので、参加費は無料(わずかな場所代や、自分の飲食代がかかる場合あり)。

公認と、そうでないものがある。だれでも自由に主催できるが、HPに掲載されているのは公認のみ。公認は、「マスター講座」に参加したことのある方が主催しているので万が一のトラブル時には、オフィスに問合せ可能(非公認はまったく把握していないので、問い合わせいただいてもお答え出来かねますのでご了承下さい。)

お気軽にご参加下さい。開催日程を見る→

公認手帳カフェとは

公認カフェの紹介

公認カフェの紹介

公認ブロガーとは?

あな吉手帳術の一般ユーザーであり、親善大使的存在。マスター講座の修了などいくつかの規定をクリアし、あな吉手帳オフィスに認定された方に与えられる称号で、手帳を使った個々のユニークなライフスタイルをブログで紹介している。あな吉手帳術ホームページではブログのリンクを公開中。ブログをチェックする→

公認手帳カバーとは?

手帳カバー

『世界に一つだけのマイ手帳』を持つあな吉手帳ユーザーさんは、手帳の中身だけではなく、外見にもこだわりを持ち、自分をごきげんにしてくれる手帳に作り上げている人が多くいます。

そんな中、あな吉手帳のユーザーさんが、手作りの布カバーなどを使用している画像がブログなどでアップされるようになり、そんなことから『オリジナル手帳カバー』が生まれました。

公認手帳カバー

手帳のカバーは、とても重要。
手帳カバーでモチベーションが変わってくるだけではなく、
重量や、フィット感は、その後の使用感に関わってくることもあります。

考案者のあな吉さんでも、手帳のカバーをかえたら、
何だかモチベーションが上がった!!なーーんてことも・・・
ですから、手帳の顔でもあるカバーや表紙デザインはとっても重要!!

そこで、あな吉手帳オフィスでは

✔ ユーザーさんが、安心して手作りカバーを購入できるように、

✔ 手帳カバー作家さんたちが、自信を持って手作りカバーを販売できるように

公認制を設けています。

公認手帳カバー作家

現在は10人を越えるカバー作家さんたちが、オリジナリティ溢れる手帳カバーを創作しています。

あな吉さん本人、そして認定講師が直接試用しながら、
ひとつひとつ丁寧にご確認させていただいております。

下記、「あな吉手帳 公認カバー作家」のリストがみなさまが購入される際の参考になりましたら幸いです。
(作家さんのご希望で、HPには連絡先を記載していない作家さんもあります)

「あな吉手帳術オフィス公認の厳しい審査をくぐり抜けた手帳カバー作家さん」

ハル001カバー

フーテン衣類製作NO ONE
百瀬 はるえ

洋裁の技術を盛り込んだぴったりサイズのずれないカバー。すべて1点物、独特の色使い、生地使い。あなたの手帳の衣装を選んでくださいませ。
http://noone.ocnk.net/

コットリネ001カバー

Cottolineコットリネ

ブックカバータイプのカバーです。
表紙にセットするペンケースはペンが3本入りファスナーの中にはハサミなどを入れることができます。
ゴムが取り外せます。洗濯可
http://ameblo.jp/cotocoto-cottoline/

たじっこ002カバー

たじっこ

ラミネートという、水を
はじく撥水性の生地を使用
しています。
ペンケースのゴムには、面ファスナー付きですので長さを自由に調節していただけます♪
http://s.ameblo.jp/tajikko2000

LUNA003カバー

LUNA

形はシンプルでペンホルダーが2か所あるタイプのカバーです。
カバーでありながら、
触れて眺めて嬉しくなる
雑貨のようなカバーが特徴です。
http://ameblo.jp/luna-handmade/

ちはる屋005カバー

ちはる屋(宮崎千春)

このカバーは米袋から作られています。絵の具で色をつけスタンプを押したりして作っています。仕上げにニスが塗ってあり撥水性があります。
http://s.ameblo.jp/sento-chipiro

mame001カバー

mame

ペンケース一体型の手帳カバーです。開くと中にはポケットが♪色んな生地やレースを使いかわいいカバーに仕上げてます。
http://mame-cover.shop-pro.jp/

sala001カバー

sala(さら)

マグネットボタン・マジックテープで本体とペンケースが外せる2タイプと、手帳全体を覆い、スッキリと見えるタイプの計3タイプあります。 いずれもカバーの裏にはクリアポケットがついています。デイリーシートや切符・メモ入れなどにどうぞ♪
http://ameblo.jp/nico-25plus/

kyotokoto 001

坂井まみこ@ヨトコト

手帳カバー本体に留めゴムとペン挿しがついています。表紙の無地の部分は帆布で汚れが目立ちにくいです。生地の切り替えで楽しんでいただけます。
http://ameblo.jp/mysunshineplus51/

001カバー

エビマキ

男性にもお使いいただけるシンプルで丈夫なデザイン。ペンケースとの組み合わせやデコなど、自分らしさを演出してください!ゴムは調節可能です。
http://ameblo.jp/005868/

aya003カバー

aya

カバーの表はペンホルダー2つと、名刺サイズのカードが入るポケットをつけました。大人可愛いをコンセプトに制作しています。
http://s.ameblo.jp/aya-taguchi

su-001カバー

su-(スー)

背表紙側がリバーシブルになります。 1枚ので2パターン楽しめるカバーです。 北欧,シンプル,シックを中心に布選びをしています
http://ameblo.jp/su-617/

公認カフェの紹介

Febe

現在活動休止中

公認カフェの紹介

手帳カバー作家さん

ご紹介
HPはこちら

公認カフェの紹介

手帳カバー作家さん

ご紹介
HPはこちら

公認カフェの紹介

手帳カバー作家さん

ご紹介
HPはこちら

公認手帳カバー作家になるためには

公認手帳カバー審査基準及び、審査から認定まで (審査申込は現在休止中。)

 公認手帳カバーを申請されますと以下の内容でチェックいたします。


【チェック項目】

  1. 縫製のクオリティ
  2. フィット感 (布の場合ですと、使用中に伸びてきてしまって使いにくくなることもありますので その点なども実際に使用してチェックをいたします)
  3. アイディアのオリジナル性 (ほかの手帳カバー作家さんのアイディアを流用する場合は、あらかじめ作家さんの許可が必要となります)
  4. 価格設定 (他作家さんとの金額もありますのでこちらからもご提案させていただくこともございます)
  5. その他 使用感のチェック(重すぎないか?など) 

 

【審査から公認になるまでの流れ】

  1. 3点申請用のカバーを作成し、身近なユーザーさんに使用していただいてください。
  2. ユーザーさんからの意見をもとに、ご自身で最終チェックを行いanother~kitchenへ3点お送りください。
    • これは、一人だけではなく複数の人の目で確認するためと、縫製など製品の安定を見るためです。
    • お送りいただきました手帳カバーに関しては、チェックしたのちお返しいたします。
  3. 浅倉および、ディレクター講師などが実際に使用させていただきます。
  4. 2週間使用したのち、認可するかしないかの判定を含めお知らせいたします。
    • お送りいただきました手帳カバーは着払いで送らせていただきますのでご了承ください。
    • お送りいただいてからチェックし、作品をお返しするまでに最低1ヵ月 そのほかに震災中のものがあったりした場合は、2か月ほどいただくこともございます。

 

【公認手帳カバー作家となったら】

 

作品に対し、『あな吉手帳公認』 と表記して販売することが可能です。

あな吉手帳術HPにて『公認手帳カバー作家』として掲載されます。

 

【カバー申請時の諸注意】

  1. 手帳カバーをお送りいただく前に、必ずanother~kitchenにメールにて連絡を入れてください。
    • 審査カバー多数の場合は、いったん申請受付を中止することがあります。
    • 事前連絡なしでのカバーの持ち込みはお断りいたします。 
  1. 手帳カバー3点と一緒に以下の内容を添えてお送りください。 
    1. お名前
    2. 住所
    3. 連絡先(電話とメールアドレス)
    4. どのタイプのかバーであるか(PARCOの手帳セット用・ナカバヤシダイアリー用・他○○用)
    5. 販売希望価格 
    6. カバー自体の重量(あまり重い場合、使用継続が難しくなる場合もありますので、重量のチェックもさせていただいています。)
    7. 手帳カバーアピール(こんな点にこだわって作りましたなど・・・)

 

【審査料】

10,000円 

(一度の審査申込で、3回まで審査を受けることができます。デザインが変わる場合は、再申請となります。)